「汲まぬのかの」
 背後からの涼やかな声に振り返ると、みおの身長ほどの高さもある大きな岩の上に童男が腰掛けていた。みおと同じくらいのそろそろ童を抜け出す頃合いの年齢に違いない。
 白い単の着物を身につけ、その肌もひどく ...

← 前編 ---------------------------------------- ...

← 中編 ---------------------------------------- ...