水晶森の咎人 / 幕間2 葬いの夜

水晶森の咎人2943文字

「助けてください!」
 悲痛な声と共に蹴り飛ばしたのかと思えるほどの勢いで扉が音をたてて開いた。
 息を切らして駆け込んできた女の腕の中には、服が焼け焦げ、皮膚すらも爛れ過ぎてめくれ剥がれているような子どもが抱えられている。何も訊かずとも、女の用件は明らかだった。
 夕食の真っ最中だったソルは、あまりのことにスプーンを手にしたまま固まったが、アーシュの反応は早かった。
「そこで待っててっ」
 すかさず椅子から立ち上がりながら声を上げると、二階へと駆け上がっていく。
 ソルがここに住んで三年。十に満たない子どもながら、アーシュの弟子として日夜頑張って修行しているつもりだ。それでも、既に生きているのかすら定かではない子どもを前に咄嗟に動くことも出来ない。
「もう大丈夫よ、リーナ。水晶森の魔女が治してくださるわ、目を開けて、もう少しだから」
 腕の中の子どもに必死に語りかける姿を前に、ソルもようやく椅子から立ち上がった。
 バタバタと足音をたてて戻ったアーシュは、テーブルの上にあった食器のたぐいを薙ぎ払うように床へと落とす。がしゃんがしゃんと音をたてるそれらに、ソルは再び呆然として固まった。血まみれの急患が運ばれてきたことはこれまでもあったが、アーシュがここまでの勢いで事に当たるのを目にするのは初めてだった。つまりは事態がそれだけ切迫しているということだ。
 アーシュは洗ったばかりのブランケットとシーツをテーブルに敷き、「ここに寝かせて」と女に声を掛けた。
 おろおろと動揺して動作の遅い女に「早くっ」と重ねて声を掛けると、手早く髪をひとつに束ねながら「ソル、昨日切った布を全部持ってきて」と指示を出した。
「は、はいっ」
 いつものように宙に魔方陣を描き、精霊の助力を乞う。しかし、いつもなら彼女の前で美しく光り出す筈の円陣は鈍く昏い色を放って崩れていく。幾度かそれを繰り返したアーシュは舌を打った。
「何をしてこうなったの?」
 尋ねながら、ボロ布に成り果てた子どもの服をハサミで切り裂き取り除いていく。その最中にもまじないを唱え、精霊の助力を乞う。傷口を冷やし、清浄化する為であろう。水の眷属たちに呼びかけているのだということが、ソルにも辛うじてわかった。しかし、なぜかアーシュがどう呼びかけようとも応える精霊がいない。こんなことは初めてのことだった。
 昨日は天気が悪く、ひたすら家に籠もって手当用の包帯を作ったり、治療に使う布を切り続けていた。二人して一日中やったからそれなりに量は蓄えたが、ここまでのひどい、しかも全身に及ぶ火傷に、果たしてこれは足りるんだろうか。
「魔法を……」
 布や包帯を抱えるだけ抱えて戻ると、女が震える声で口にした。
「魔法? まさか召喚?」
「こんな、こんなことになるなんて思わなかったんですっ、これまでだって小さな子たちは応えてくれて……」
「……水の精たちが全く応えない。でも水の子たちならこんな火傷にはならないわ。あなたまさか」
 女は泣き崩れて嗚咽を漏らす。助けて、と、お願いしますと肩を震わせながらそればかりを繰り返す。
「あの……師匠……」
「ありがと。ここに持ってきて」
 アーシュはひどく悲しそうに眉を下げると、「痛いね、待っててね、痛くないようにしようね」と横たえられた子に声を掛け、薬棚の開きから大きな壷を取り出した。蒼いそれを見て、ソルが首を傾げた。
「師匠、それでいいんですか」
「せめて痛みを取ってあげたい」
 それは治癒の為の薬ではない。ただ麻痺させて痛みを誤魔化すだけのものだ。
 諦めたのだ、とソルにもわかった。
 確かに、子どもは既に虫の息だ。うっすらと開けた目は虚ろで、何かを映しているとも思えない。ところどころ焼け焦げ、赤く皮膚の下から何かがむき出しになっている箇所からは、よくわからない液がにじみ出している。状態はあまりにも悪かった。
 それでもなお、精霊の助力を得ながら治癒魔法で当たれば望みはあったかもしれない。けれど、先ほどから合間合間にいろいろと試すように唱え呼びかけるアーシュの声に応えるモノはなにひとつなかった。恐らくは、女が、もしくはこの子ども自身が禁忌に触れたのだ。精霊たちを怒らせて、アーシュの魔法力を持ってしてなお助力を拒むほどのひどい何かを。
「な、治るんですよねっ!? これは治す為の薬なんですよね!?」
 何事かを察したように、泣き崩れていた女がアーシュに詰め寄る。アーシュは、子どもの体に壷を傾け、直接かけていく。普通ならば少しずつ取り出して塗りつけるものだが、もうそんな悠長なことをしている猶予がないのだ。
 室内が独特の青臭い匂いで満たされていく。
「これじゃあ治らない! 早く、早く治療をっ」
 女には薬草の知識があるらしい。これがただ痛みを麻痺させるだけのものだと察したのだろう。半狂乱で声を上げて、アーシュの腕に縋り付いた。
「この薬が何かわかるのならば、あなたもわかるでしょう? もうそういう状態じゃない」
「水晶森の魔女とちやほやされてるくせにっ! 早く助けなさいよっ!!」
 女に揺さぶられながらも、アーシュは子どもの肢体にくまなく薬を流し掛けた。
「精霊との駆け引きには危険が伴う。そして、禁忌と言われるモノには相応に報いがある。……あなた、殺したでしょう?」
 ヒクと女が動きを止めた。その女へと向けたアーシュの眼差しはこれまで見たこともないほどに冷淡で、ソルの体にもゾクリと悪寒が走った。
「ごめんね。すぐに痛いのは治るからね。大丈夫。このまま眠って大丈夫よ」
 いつもの声音で呼びかけたアーシュに応えるように、子どもの目には淡く灯がともるように意思が宿る。
「ま、ま……」
「──っ! リーナっ! リーナ、ママがついてる、大丈夫よっ、すぐ、すぐに治してあげるから」
「ママ……ねむい……」
 か細く掠れてはいたが、そう言った子どもは笑みを浮かべた。何も出来ずに立ち尽くしたソルの願望がそう見せただけかもしれない。それでも、子どもは穏やかに瞼を閉ざした。けれど細く静かな息が続いたのはほんの僅かな時間だった。すぐにひゅうひゅうと喉を鳴らし、肢体が小さく痙攣する。
「リーナっ! リーナっ!!」
 母親の必死の呼びかけにも瞳は二度と開かれず、ただ最期に長く息を吐いて動きを止めた。
「リーナ、待って頂戴! ママはあなたの為に!!」
「……」
「リーナあぁぁぁ……」
 取りすがる女を無視するように、アーシュは子どもの体を抱き上げた。
「な、どこにっ、何を……リーナを返してっ」
「精霊の怒りを買ってこうなった以上、このままにしておけばこの惨い状態のままで連れ去られてしまう。墓に埋めたって暴かれるわ」
 ソルにはよくわからなかったが、女にはそれがわかるのだろう。アーシュの腕を掴んだ手を、力なくだらりと垂らした。
「……連れ去られる前に弔いましょう」
 いつものアーシュならば患者の死に対して嘆く家族に、こんなことは言い出さない。付き添う者が泣き疲れてどうにもならなくなるまで、ただ黙ってそっとしておくのだ。亡骸を清め、ゆっくりと話しをし、寄り添いながら待つ。でも今はその猶予すらないらしい。

 水晶森の深く昏い闇を、アーシュの敷いた弔いの光が金色に照らし出した。

Posted by 此花 朔