← 第1章 偽りの願い3   「七年、ですな」  白いものが混じり始めた顎髭をひと撫でした ...