秋575ログ

575

想うとて 誰想うやら 女郎花

しどけなく 濡れてしたたる 柘榴の実

涼風に 媚薬溶かした 絹の夜

君の肌 紅葉色づく 夜想曲

幻と 知りつつ抱く 雨夜月

惑い月 朝にはぐれて 熱い肌

秋の宵 指から零れる 濡れた髪

残り香に あなたを恋ふる 初嵐

あるやなしや 見えない新月 あなたの心

過月にも 変わらぬものか 曼珠沙華

しいの実の 落つるがごとく 恋に堕つ

ありえない もしもを浮かべ 満つる月

無花果を 貪る君の 濡れた指

風の生む 稲穂の波の 黄金(きん)の海

棘ぬいだ 栗の実そっと つつむ君

夕映えの 薄紫に 浄土みる

大地から 血を噴くごとく 彼岸花

金木犀 香だけを我に 贈りたり

幾星霜 永遠を語らむ 曼珠沙華

屍を 血色で屠る 紅葉ばな